すそわきがだと初めて知りました。

48歳女性です。
この年になるまで、すそわきがって言葉を聞いたことすらありませんでした。

 

私がこの言葉を初めて聞いたのは、友人Aが新車を買ったので、友人達と一緒にドライブに出かけた時のことです。
後部座席に隣り合わせに乗った友人Bが、私に向かって
「すそわきがだね〜!」
って言ったのです。
中学時代から、わきがである事を自覚していた私は、
「あらあら、臭う?ごめんなさい。」
と、常用しているフレグランス付きのウェットティッシュでわきをふきました。
友人Bはその様子をみて
「わきでなくて下の方よ〜。」
と言うではありませんか!
私は、驚いて目が点になってしまいました。

 

確かに、日常的に下着が臭うとは思っていましたが、まさか下にも腋臭があるとは!
友人B
「大丈夫よ、後でトイレで拭いたらいいわよ〜。」
私は思いがけない会話の成り行きに恥ずかしくなり、気が動転してうまく返事が出来ませんでした。

 

私達の会話を聞いていたドライバーのAは、私を気遣ったのか
「私も下着がよく臭くなるのよ。生理中が強いみたい。」
と言ってくれました。
友人Bは
「私みたいにベジタリアンになれば、臭わなくなるわよ。あなたは肉食の証拠よ〜?」
とアドバイス?してくれました。
それまで黙っていた助手席の友人Cが
「うちの主人は臭う方が興奮すると喜ぶけど・・・」
お陰様で車内はオバタリアン達の爆笑の渦で楽しいドライブとなりましたが、人様にまで臭いを感じさせる、私のこの体質を意識しだすと、気になって気になってしょうがありません。

 

帰宅し、下着はもちろんスカートにまで臭いが染みついていることを確認すると、早速、洗濯機に香り付柔軟剤を普段の2倍入れ洗いました。

 

その後は下着はナイロン系をやめて綿を選ぶようにし、人と会う時はトイレに行きたくなくても、行って香り付のウェットテッシュでこまめに拭き、長時間にわたる外出の際は汗を抑える市販のクリームを塗ったりします。

 

努力の甲斐あってか、その後は自分でもそれほど臭いを感じなくなり、周りの人達からも
「いつもいい匂いがするね。」
と言われるようになりました。

 

ただ、夏場など汗をかくシーズンや、狭い密閉した部屋で誰かといると、やはり私自身のすそわきがが臭い出すのを感じます。

 

腋臭なら手術もありますが、すそわきがは陰部からの臭いなので、手術に抵抗があります。
多少面倒でもこのまま肉食を控えて、こまめに身体をふきふきして暮らしていこうと思ってます。